ACARIC RECRUITING SITE

ENTRY

I N T E R V I E W

社員インタビュー

取締役

井上 亮

Ryo Inoue

2006年入社

井上 亮Ryo Inoue

取締役

2006年入社

先行者のいないビジネスを
ゼロからつくりあげることに喜びを感じます。

入社を決めた理由と経緯

若い頃の私の夢は、“音楽でメシを食う”でした。もちろん夢を追いかけるのは大切なことですが、現実にその先のキャリアを考えたとき、職歴のないことがハンデとなって、年齢を重ねるにつれて選択肢が狭まっていきます。そのことに気づいた頃に出会ったのが、当社の代表の林信長。「人が社会で評価される基準に年齢は関係なく、“能力×意欲”であるべきだ。そのインフラをつくりたい」という言葉を聞いたとき、強い共感を覚えました。そして、アカリクの事業構想を聞いて自分も一緒にやりたいと思い、創業メンバーの一人となりました。

仕事内容について

役員として会社全体の業績に責任を持ち、各事業が成長していけるよう現場をサポートすることが、現在の私のミッションです。具体的には、社内の情報共有の効率化のためのインフラ投資や、様々な制度導入などの意思決定を行っています。また、会社の新たな資産となるような新規事業を動かしていくことも重要な業務で、実際にいくつか新規サービスのリリースに向けた取り組みも行っています。役員という立場であるので、重い責任を負いながら会社の経営判断に携われることは魅力の一つです。
アカリクがやっている大学院生・研究者のマーケットはHR業界の中でも先行事例がありません。そのため、ゼロから新たなビジネスにチャレンジできることに、一番やりがいを感じています。

アカリクという環境について

アカリクには、社会に対して展開していきたいことを自身で考え、それにチャレンジできる環境があります。例えば「アカリクVALUATOR」という学生の起業支援事業を立ち上げたことがあるのですが、既存の事業を行う中で得た新たな視点、やりたいことを代表に提案し、実行することができました。その事業がきっかけで「Cloud LaTeX」「京大マップ」など、既存のアカリクの枠組みでは生み出せなかったサービスを実現できました。

これからの目標や夢について

会社のミッションである“知的な人材が社会に出て行く際に必要となるインフラをつくる”ことをベースに、キャリア支援にとどまらない新たな事業を生み出していきたいと考えています。イメージとしては、アカリクが接している大学院生のマーケット25万人に向けて多面的にリーチでき、キャリアにとどまらないサービスを展開していくことを目指しています。

休日の過ごし方や趣味について

私自身、仕事とプライベートを分ける意識があまりありません。常に業界や企業の動向、社会情報に関心を持っているので、プライベートな時間でもとくに意識せず様々なメディアから情報を収集して過ごしています。そういった時間に、今後のビジネスにつながりそうなヒントを得られることもよくあります。

取締役

キャリアカウンセラー

コンサルティング営業

広報