ACARIC RECRUITING SITE

ENTRY

I N T E R V I E W

社員インタビュー

エンジニア

兼平 裕美

Yumi Kanehira

システムチーム エンジニア
2017年入社/法学部法律学科卒

兼平 裕美Yumi Kanehira

エンジニア

システムチーム エンジニア
2017年入社/法学部法律学科卒

世間話がいつしかロジカルな議論に発展する、
そんな環境はとても刺激的です。

入社を決めた理由と経緯

「僕らは倫理で仕事をしている」。この一言はまさに衝撃でした。経済でもなく、自己成長欲でもなく、“倫理”によって仕事をしているというアカリクの社長の言葉は、とてつもないインパクトを持っていたのです。それを耳にした私は、アカリクの理念である「知恵の流通の最適化」が果たされた世界を自分の目でぜひ確かめてみたいと思い、入社を決めました。
それはまさに新しい社会インフラづくりであり、他社ではできなく、アカリクならではのオンリーワンの仕事だと感じました。そして、成長中のベンチャーならではの、自ら望めばどんなことにでも挑戦できる社風も魅力でした。

仕事内容について

入社1年目の新人ではあるのですが、社内の5つのプロジェクトのマネジメントを担当しています。具体的にはスケジュール管理やマンパワー・リソース管理、外部協力スタッフとのコミュニケーションなどが業務となります。確かにベンチャーなので人が少なく、1人の人間がいくつも仕事を担当しなければならないという状況ではありますが、それは私のような若手社員にとっては新しい可能性に挑戦するチャンスでもあると考えています。取締役などとの距離が近いのも魅力の一つで、直接、経営陣から「やっちゃっていいから」と任されることもあります。
その他、エンジニアの採用業務も担当しており、書類審査や提出コードのレビュー、面接同席などに携わっています。

アカリクという環境について

まず言えるのは、自由な環境であるということです。個性の違いを尊重し、多様性を大切にする会社なので、各個人が自分らしさを大切にしながら自由に業務に取り組むことができます。もちろん、その分、結果が求められるのは言うまでもありませんが。
また、院卒の社員が多いというのも、アカリクならではでしょう。ちょっとした話題であっても、すぐにロジカルな議論に発展するのがとても面白いですし、その輪に加わることで大きな刺激を受けることができます。みんな勉強好きで、常に新しい知識を貪欲に吸収しているので、雑談するだけでも勉強になります。

これからの目標や夢について

ベンチャーである当社には、創業期に試行錯誤した結果発生した“負の遺産”と呼べる技術的課題も少なからずあります。当面はその解消に努め、ゆくゆくはサービスの全面リプレースに取り組みたいと考えています。
また、組織のあらゆる面に首を突っ込んで、カイゼンを図り、会社を成長させたいと考えています。そのためにも他部署とのコミュニケーションは大切にしており、どんなに他愛ない内容でも会話を交わすことでお互いの状況や意思を確認するようにしています。新しく参加したメンバーや新卒の社員が気軽に意見を言えない環境では成長が見込めないので、心理的にも自由な環境をつくることにはこだわっていきたいと思います。

休日の過ごし方や趣味について

休日には夫と代々木公園のドッグランエリアへ出かけていきます。エアーソファ、ランチとPCを持って行き、犬を見ながら読書や作業をするのは、私にとって至福のひとときです。
また、仲間内でやっている月一のLT会(※)に参加したり、近所の子どもにプログラミングを教えたりすることもあります。
※LT会「Lightning Talk」
短いプレゼンテーションを披露し合うことで、プレゼンテーション経験を積む勉強会。

取締役

キャリアカウンセラー

コンサルティング営業

広報

エンジニア