慶應義塾大学理工学部「数理科学との今後~数理科学科学生のためのキャリアセミナー~」に弊社の野村がファシリテーターとして参加いたしました

2018年1月29日(月)に慶應義塾大学理工学部で開催されました「数理学生のためのキャリアセミナー」に弊社採用コンサルタントの野村がファシリテーターとして参加いたしました。

慶應義塾大学 理工学部 数理科学科
「数理科学との今後
 ~数理科学科学生のためのキャリアセミナー~」
日時:1月29日(月)
会場:慶應義塾大学 矢上キャンパス
主催:慶應義塾大学 理工学部 数理科学科
外部サイト:https://www.keiomath.jp/news/157

当日は大学院進学を考える学部生から修士・博士の学生、教職員の方々を含めまして約30名にご参加いただきました。セミナー終了後のアンケートでは以下のような感想が寄せられ、非常に高い関心を持ってご参加いただいたことがわかりました。数理科学分野の学生のみなさまが今後のキャリアについて考える一助となれておりましたら嬉しく思います。

・「本人の人間的な素養に加えて、修士・博士の経験を柔軟に活かせる人材が求められていることが理解できた」
・「大学院進学するにあたって情報系への転向を考えたこともあったが、今回のセミナーで今後の励みになった」
・「企業が数学の研究についてどのようなことを考えているのかわかった」
・「ディスカッションを進めていくなかで、自分が勘違いをしていることに気づいた」
・「これまでよくわからなかった博士以降の進路について理解ができた」
・「企業の方が博士卒人材をどう思っているのか、どんな能力が求められているのかがよくわかった」

本セミナーを通じて、数理科学分野がいかに社会から必要とされているのかを知っていただき、安心して研究活動に励んでいただけることが伝わりましたら幸いです。また、「博士課程に進学すると、キャリア選択の幅が狭くなるのではないか」と不安に感じて選択肢から外される方もいらっしゃるかと思いますが、実際はそのようなことはなく、多くの企業が博士課程出身者に注目していることをご理解いただくよい機会になったのではないかと思っています。

今後もアカリクでは皆様のキャリアを考える上での一助となるよう、大学や学会での講演を行ってまいります。

上記記事やサービス内容をご覧いただき、ご興味をお持ちいただいた方は是非お問い合わせください。