「働き方を考えるカンファレンス2019」に弊社の三木がモデレーターとして登壇いたしました

働き方を考えるカンファレンス2019

2019年2月20日(水)に開催された「働き方を考えるカンファレンス2019」に弊社の三木がモデレーターとして登壇いたしました。当日は約700名の参加者が会場に集い、「働く」ということを振り返り、今の時代に即した「働き方」について様々なテーマのセッションやワークショップが行われました。


パネルディスカッション

三木が担当した会社の「制度・文化」をひも解くセッションでは、ノウハウの伝承やコミュニティの形成においてインクルーシブデザインの考え方で寄り添うことの大切さや人と人を繋ぐ仲介者の重要さを語り合いました。


グラフィックレコーディング

働き方を考えるカンファレンス2019「働くをひも解く 」
- これまでの100年、これからの100年を再考する -

日時:2019年2月20日(水) 10:00-20:00
場所:虎ノ門ヒルズフォーラム
主催:at Will Work
後援:経済産業省
URLhttps://www.atwill.work/conference2019/

今後もアカリクでは、大学院生(博士・修士)・院卒社会人・ポスドク・研究者の皆様のキャリアを考える上での一助となるよう、活動してまいります。

上記記事やサービス内容をご覧いただき、ご興味をお持ちいただいた方はぜひお問い合わせください。