NLP若手の会(YANS)第14回シンポジウムに弊社中川が参加いたしました

2019年8月26日(月)から8月28日(水)にNLP若手の会(YANS)第14回シンポジウムへ弊社中川が一般参加し、NLP分野の若手研究者や学生と交流いたしました。初日のナイトセッションが「NLP若手の悩めるキャリア」というテーマであったこともあり、キャリアに関する多数の質問や相談にも対応いたしました。

NLP若手の会 (YANS) 第14回シンポジウム
日時:2019年8月26日(月)~28日(水)
会場:ホテルエミシア札幌
URLhttp://yans.anlp.jp/entry/yans2019

(9月18日追記)
当日の受賞者の情報や、招待講演やハッカソン最終発表などのスライドが公開されました。当日参加できなかった方にとっても参考になることでしょう。
詳細は下記URLの開催報告をご覧ください。
http://yans.anlp.jp/entry/yans2019report

ナイトセッションでは『研究におけるNLPと仕事におけるNLPの違いはありますか?』『はじめは大企業に入るべきでしょうか、ベンチャーに入るべきでしょうか?』『NLPは今後、継続して需要は高いでしょうか?』といった質問に対して、大学や企業で活躍されている研究者の方々が様々な観点から回答されていました。

YANS2019

弊社中川も個別に学生からキャリアに関する質問や相談を受けました。その中でも研究者を目指すうえでの博士進学後のキャリア形成に関する不安が拭えないという話や「アカリク」に期待するサービスなど、今後より一層求められるサービスを検討する上で大切なユーザーからの声をいただきました。

今後もアカリクでは、大学院生(博士・修士)・院卒社会人・ポスドク・研究者の皆様のキャリアを考える上での一助となるよう、活動してまいります。

上記記事や弊社のサービス内容をご覧いただき、ご興味をお持ちいただいた方はぜひお問い合わせください。