■ 新入社員が語るアカリクの魅力

院生とは異なる視点で就活を支援

アカリクに感じた魅力は何ですか?

pc青木

青木:「知恵の流通の最適化」という社是にも表れている、知的なところに魅力を感じました。また、社員が少数精鋭で大学院生出身の社員が多く、頭が良さそうというイメージもありました。
選考に進む中で実際に働いている社員を見て、大学院出身の人が”知的”に働く姿を実感できました。
大学院生には、圧倒的な知識や様々な面から考えることができる論理的思考力等があると思っています。自分は学部卒ということもあり、そういった大学院生特有の強みを持っている社員に魅力を感じました。

アカリクへの入社を決めた理由を教えてください

青木:様々なことを考えながら仕事ができると考えたからです。
自分は学部卒ということもありますが、論理的思考力にはちょっと自信がありません。アカリクでの業務を通じて、その力を身に着けていきたいと考えました。自分にない力をつけるには、その力を持っている人たちの中に身をおくことが近道だと思っています。
また、アカリクの人材紹介事業においては、学生に対して企業の魅力を伝えて企業に学生の魅力を伝えるという無形商材を扱っています。形がないからこそ自分でたくさんのことを考えて仕事ができるという点も、入社を決めた理由のひとつです。

職場の雰囲気はどうですか?

名刺青木

青木:意見を言わせてくれて、受け入れてくれて、さらに意見もくれる、という空気がいいです。
社会人になるまでは、会社において上司の意見は絶対というイメージがありました。ですがアカリクではそんなことはなく、新入社員の自分にも意見を求めてくれ、いろいろ挑戦させてくれます。
今は各事業に関連した様々な業務を先輩から学んでいるところで、まだ配属が決まっていませんが、今やっている業務が今後の自分の糧になると思っています。
ズレた発言をしてしまい窘められることもありますが、いい環境だと思っています

入社後に感じた、入社前のイメージとの違いはありますか?

青木:特に違いはありません。自分が思っていた通りでした。
皆さんやはり知的で、最適解を見つけるのが上手です。

現在の目標、これからやりたい仕事、将来の目標などについて教えてください

青木:営業担当として売上げをいっぱい上げたいです!
あとはアカリクWEBの登録者数を増やしたいです。もっと多くの大学院生に使ってもらえるようにコンテンツを追加していきたいです。
たいていの就活イベントでは企業と学生は別々な立ち位置になっていますが、自分はそこに違和感を覚えます。
そこで、企業と学生が1つのグループになってモノをつくるコンテストをやってみたいと考えています。作るモノは何でも良くて、ロボットでもいいし形のないアイディアでもいい、何か新しいモノを生み出す場です。どのグループが面白いモノを作ったか、3日間くらいで競う。そんなイベントを企画したいです。

最後に何か一言お願いします

笑顔青木

青木:この会社で一番フレッシュな若手として頑張ります!

プロフィール

青木洋介(あおき・ようすけ)
立教大学社会学部現代文化学科 卒業。大学では人が集まる書店と集まらない書店の違いを研究。都内と日本の有名な書店を巡った。趣味はイラスト制作、登山。