The 13th IEEE TOWERSへシルバースポンサーとして出展いたしました

IEEE TOWERS

2016年12月3日(金)に東京農工大学 科学博物館にて開催された、The 13th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers(IEEE TOWERS)にて、アカリクがシルバースポンサーとして出展いたしました。

【The 13th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers】
主催:The IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers 実行委員会
共催:
IEEE 東京工業大学学生支部
IEEE 早稲田大学学生支部
IEEE 東京電機大学学生支部
IEEE 明治大学学生支部
IEEE 東京農工大学学生支部
筑波大学知能機能システム専攻博士学生会
開催場所:東京農工大学 科学博物館
スポンサー:
◆ IEEE東京支部
◆ 株式会社 アカリク
◆ 丸善雄松堂株式会社
◆ AZAPA株式会社
外部サイト:
http://young-researchers.net/towers13th/index.html

TOWERSはIEEE東京支部後援の下、学生が運営する「若手研究者の交流の場」「学際的・分野横断的な学術交流の場」としたワークショップを毎年開催しています。

近年,研究分野のさらなる専門化,細分化,分業化が問題となっており,幾多の学会が開催されている一方で,組織や学会間の学際的交流の場は非常に限られています. より深化した専門,閉じられた研究者ネットワークでは,新しい研究成果を生み出す鍵である異なる技術,思考,手法などを取り込む機会が非常に少ないと感じております. TOWERSにおける研究発表では,あなたの研究領域外の参加者に対して研究成果や考えをわかりやすく伝えなければならないため, 研究内容の深い理解や高いコミュニケーション能力の必要性に気づかされます.そして,異分野交流を通して,あなたの研究はあなたにとって非常に新鮮で魅力的に映ってみえてくるはずです.

本年も「異分野の研究者に自分の専門分野および研究をわかりやすく伝えること」「異分野の研究者が持つ技術、思考、手法、文化を理解すること」を趣旨としたワークが開催され過去最多約150名の若手研究者が参加をいたしました。

また、ポスター発表も多様な地域・多様な分野の若手研究者約90名が参加し、「学際的、分野横断的な学術交流の場」として大いに盛り上がりを見せておりました。

当日ブースにお越しいただいた皆様には心より御礼申し上げます。

今後もアカリクでは皆様のキャリアを考える上での一助となるようなイベントを学会等とも連携しつつ開催していきます!

アカリクをどうぞよろしくお願いいたします。

上記記事やサービス内容をご覧いただき、
ご興味をお持ちいただいた方は是非お問い合わせください。