博士課程大学院生向けメンタリングサービス(Snoopy Senior Project)試験ご提供開始のお知らせ

大学院生・研究者のキャリア支援に特化した事業を10年以上にわたって続けている株式会社アカリク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山田 諒)は、大学院と連携し、博士課程大学院生向けメンタリングサービス(Snoopy Senior Project、以下SSP)の試験提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。

本事業の目的

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、大学内の研究室において飲み会や懇親会などが気軽に開催しにくい状況が続いています。そのため、大学院生は自身の研究生活やキャリアについて同年代の学生や先輩に気軽に相談できる機会が不足していると考えられます。また、接触機会減少のため、周りの学生の活動状況が見えにくくなっており、研究や就職活動の進行が遅延していても、それに気づくことができない状況になりつつあり、研究生活に影響を及ぼしていると考えられます。
 これらの課題を解決するため、SSPでは、博士課程大学院生に対して外部メンターとの定期的な面談(1on1)の機会をご提供し、研究活動や就職活動に関するサポート事業の試験提供を開始いたしました。外部メンターとしては、博士号を持ち、かつ民間企業における就業経験のあるメンターを登用しており、月一度、対象学生とオンライン面談を設定し、博士号取得に向けたペースメイク・就職活動と研究活動の両立・博士号取得後の進路の検討など、各種相談対応や情報提供を行います。また、試験提供では英語による外国人留学生への対応も行っております。
 本事業は現在テスト段階であり、正式なサービスご提供のために内容を改善するため、各種データを収集・分析しております。正式なサービス開始時には改めてご案内をいたしますので、今しばらくお待ち下さい。

Snoopy Senior Projectとは

「snoop」は、英語で「詮索好きな、お節介な」という意味があります。Snoopy Senior、つまり「おせっかいな先輩」によるメンタリングを提供するサービスです。


詳細は以下プレスリリースをご覧ください。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000111.000017667.html


上記記事やサービス内容をご覧いただき、ご興味をお持ちいただいた方はぜひお問い合わせください。