ACARIC RECRUITING SITE

ENTRY

I N T E R V I E W

社員インタビュー

コンサルティング営業

鬼頭 祐介

Yusuke Kito

営業本部 WEB事業マネージャー
2013年入社/環境学研究科修了

鬼頭 祐介Yusuke Kito

コンサルティング営業

営業本部 WEB事業マネージャー
2013年入社/環境学研究科修了

多様性こそアカリクの魅力。
“偏った好み”を持つ人間の集団です。

入社を決めた理由と経緯

研究しながらいつも頭にあったのは“大学の研究をいかに社会に応用するか”ということでした。アカリクを知ったのは、学内のポスターがきっかけです。何となく面白そうだと感じたのでエントリーしました。私は昔からお人好しで、人のために骨身を削って頑張ってしまうようなところがあります。アカリクの「大学院生のキャリア支援」と聞いて、ボランティアのような活動なのに事業として続いているということは、価値づくりや仕組み作りにその秘密があるのではないかと考え、入社を決めました。
また、面接で会って話をしたタイプが実に様々で、生物多様性ではないですが、きっと面白いコミュニティがあるのではないかと思ったこともポイントでした。

仕事内容について

WEBチームのリーダーとして「アカリクWEB」をもっと魅力的にするための戦略を立てたり、新しいキャンペーンを企画したりしています。
リーダーという立ち位置ではありますが、自分が事業を引っ張っていくというより、周囲のメンバーに助けられて事業を進めているというのが実感です。そのほかに新サービスの企画づくりや、採用コンサルタントとしていかに企業の魅力を大学院生に伝えていくかという提案活動にも取り組んでいます。
心がけているのは、「難しい言葉・比喩などを使わず、わかりやすく伝えること」「単なる批判に終わらず、次のアクションが見える発言をすること」です。何よりも「人の心を疑わないこと」を大切にしています。疑心暗鬼のような負の感情を持つことは、生産的ではありませんから。

アカリクという環境について

アカリクは、社会に影響を与える装置という感じです。1人では無理なことでも、優秀な先輩や同僚と力を合わせることで社会に影響を与えることができると思っています。
職場の雰囲気としては人材系とIT系のハイブリッドという感じです。リラックスできるよう私服勤務が可能ですが、クライアントに会うときはスーツで対応するなど、常に相手ありきで考えるところは人材系らしいところですね。業務を効率的にこなすためのツールの活用が推奨されたり、最新の業務ソフトウェアが導入されていたりするのは、IT系らしいと言えます。いずれにしても社長も含めて、誰とでもチャットで気軽に話せるのはとてもいいところです。

これからの目標や夢について

昔から「何かすごいことをしそうだ」という印象を持たれているようで、そうした期待が自分にとってのチャンスに結びついてきた一方、成果を出せずに期待に応えられなかったことも多々ありました。ですから、安定的にいい仕事を続けるのはもちろんのこと、場外ホームランのような特大の成功を収めることも一つの目標です。
それが、これまで応援してくれた人が「やっぱり期待していたとおりだよ」と自慢できるようなことであれば恩返しにつながるし、私も誇らしく思います。あと、大学で環境学を学んだ者としては、人類の歴史をできるだけ延ばせるような仕事・選択をしたいと心がけています。

学生時代の研究内容について

学部時代は、海面上昇が起こったときに国土がどれくらい沈んでしまうかということをシミュレーションしていました。修士のときは、各地域の産業構造や相互影響を分析・評価するために、各産業セクターに投入されている労働力を「時間」という単位で算出して可視化するという研究をしていました。
データ処理の経験や統計学・経済学の汎用的な知識が普段の業務に活きたり、工学の専門を学んだ経験がクライアントや学生ユーザーとの会話で役に立ったりすることはあります。しかしそれ以上に、エコシステムの考え方やシステムシンキング、インフラの在り方や数学的思考など、専門分野の研究に長い時間を費やしたことで得た「物の見方・考え方」がたいへん役に立っており、自分の個性にもなっています。

休日の過ごし方や趣味について

もともと人とのコミュニケーションが苦手ですので、平日でコミュ力を使い果たし、休日は部屋から出ないで過ごします。ネットやゲーム、掃除・洗濯などの家事で一日過ごすことが多いですね。
ただ、社会人になってから趣味として薙刀を始めたので、定期的に稽古をしています。あとは定期的にライブや音楽フェスに行きます。当社ではしっかり仕事をしていれば休みたい日に休めるので、フェスに合わせて休みが取れるんです! これはしっかりアピールしたいと思います。

取締役

キャリアカウンセラー

コンサルティング営業

広報

エンジニア